学生と講師

集団で勉強

勉強

学校での勉強についていけないという子供達の中には三重の塾に通う子たちもいます。学校での授業を塾で復習することで分からなかった事を解決して次のステップに行くことができるのです。ただ、三重の塾には主に2つの種類があり、それぞれ特徴が変わってきます。そのため、自分たちにあった塾を選ばないと次のステップに行くのは大変だといえます。三重の塾として特に一般的な種類のものが集団指導塾です。クラスやグループにより子供達を分けて、多数で授業を行う形式の三重の塾です。基本的に学校のような授業形式のため、普段から学校の授業に慣れている子供達は特に変化に慌てることもないでしょう。集団指導塾だと他の子供達と一緒に授業を学ぶことができるため、学力を競い合いながら向上させることが可能です。

一般的に、集団指導形式の塾は、学校の授業を予習する形式の物が多く、復習の授業は個別指導形式で行うのも珍しくありません。そのため、苦手な科目よりも得意な科目を勉強したい子供達にとって集団指導形式の塾は向いているといえます。集団指導塾形式の塾だと、どうしても集中力が続かないことがあります。ただ、競争心が強い子供達だと、集中力を切らすことなく、勉強に取り組むようになります。全員で授業を受けるという形式が子供達の協調性を磨くことにもなります。学力だけでなく、コミュニケーション力も身につくため、より沢山の子供達と授業を受けたいという仲間意識の強い子なら大きな効果を得られるでしょう。